電気情報工学科

学科概要

学科概要

電気情報工学科では、専門基礎科目を共通の基盤とし、電力・電子・材料・情報&通信・制御の5つの分野の技術者・開発者の育成を行います。

電力・電子・材料・情報&通信・制御の5つの分野

目覚ましい発展を遂げてきた現代の高度情報化社会において、電気・電子及び情報工学は中心的な役割を担っています。産業界のあらゆる分野で電気・電子・情報系の技術者が必要とされ、活躍しています。
本学科では、人間の生活に欠かせない電力エネルギーの発生、輸送及び利用技術、産業用ロボットに代表される制御技術、携帯電話やテレビ等に使用される情報通信技術、コンピュータに関するハードウエア・ソフトウエア技術、さまざまな電子・電気機器に応用される半導体や回路技術等に関する基礎的な事項について学びます。そして、教室で学んだ理論の理解を確実なものにするために、多くの実験を用意しています。2年から5年までの4年間に少人数のグループで74テーマの実験を行っています。多くの実験を履修することは、実践的技術力を高める上で大いに役立ち、社会的にも高い評価を得ています。
以上のような理論と実験を両輪とした教育を通して、本学科では幅広い視野を持つ実践的技術者を育成しています。 。

電気情報工学科パンフレットのダウンロードはこちら

施設紹介

電気情報工学科棟は平成14年に改修工事が行なわれ、内・外装共に新しく生まれ変わりました。
地上3階建て、別棟に高電圧実験室、工作室等を設け、強電から弱電、コンピュータに至るまで実験・研究をサポートする機材を揃えております。
冷暖房が完備されており、気象条件に左右されない快適な教育空間です。

実験室設備

高圧実験室(1)
高圧実験室(1)
高電圧実験室(2)
高圧実験室(2)
情報工学実験室
情報工学実験室
制御工学実験室
制御工学実験室
電気機械実験室
電気機械実験室
電子通信工学実験室
電子通信工学実験室
情報公開責任者: 電気情報工学科長