キャンパスライフ

先輩からのメッセージ

機械工学科 平成27年度入学 土井 悠太郎 君

土井 悠太郎 君
土井 悠太郎 君

 こんにちは、僕は機械工学科の土井悠太郎です。

 都城高専の良い所は専門的な知識を1年のうちから学ぶ事ができるという点です。専門的な事と聞くと難しく感じると思いますが、基本的な事から習っていくので気にする事はありません。機械工学科では座学だけでなく実際の工作機械を使った様々な加工を習う実習もあります。最初はなにも分からなくても実習工場の先生方が丁寧に教えてくれるのですぐに工作機械が扱えるようになります。

 ここまで専門教科についての話をしてきましたが都城高専にも普通教科の授業はあります。都城高専の赤点は60点と厳しいですが、日々の授業内容を授業中にちゃんと理解し、テスト前にしっかりと勉強をすれば、恐れる必要はありません。

 高専は楽しい学校です。部や同好会に入ったり、学校行事に参加したりして、みなさんも僕達と充実した学校生活を送りましょう。

電気情報工学科 平成27年度入学 白川 款大 君

白川 款大 君
白川 款大 君

 こんにちは。電気情報工学科の白川です。

 始めに、皆さんは高専に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。中には自由で宿題が少なく楽な学校と思っている人がいるかもしれませんが、それは少しまちがいです。高専は専門的な事を多く学び、それを職業へと繋げる学校です。余裕のある時間は自分の足りない部分を補い、得意な事をより深めるためにあります。もしこれらを放棄し、楽ばかりすれば留年など将来に負担をかけることになるでしょう。赤点が高いこの学校では毎日数分でもこつこつとやることが重要です。

 こう言うと厳しい学校に思えるかもしれませんが、クラスは似たような趣味を持つ友人達で活気に溢れ、部活動や行事が多いため学校生活はとても楽しくおくることができます。楽しい日常から得るモチベーションと自分が今、または将来で何がしたいか目標を持つことができれば困難も乗りこえられるでしょう。

皆で力を合わせる日々を楽しみましょう。

物質工学科 平成27年度入学 山下 詩織 さん

山下 詩織 さん
山下 詩織 さん

 こんにちは。私は、物質工学科の学生です。

 私が都城高専に入学して気付いた魅力について紹介したいと思います。

 私は入学前、高専の学生は皆勉強のみに縛られているイメージを持っていました。しかし実際は学生としての最低限の校則のもと、普通科高校に比べ自分の時間が多く持てるので、自分らしさを見失うことなく一人一人が輝くことができます。そのうえ、自律心を持つことができ、資格の取得、趣味への没頭など充実した学校生活を送ることができます。

 また、研究者でもある先生方とも気軽にお話しすることができるので視野が広がり、自分の関心があることに対してもさらに深めていくことができると思います。

 都城高専には、クラスマッチや体育祭、文化祭、茶道同好会のお茶会などがあります。そういった学校行事では先輩との交流もありとても楽しいです。一緒に、たくさんの思い出を都城高専で作っていきませんか。

建築学科 平成27年度入学 野口 器 君

野口 器 君
野口 器 君

 こんにちは。僕は建築学科の野口器です。

 中学校のみなさんは、どのような目標を持って都城高専を志願していますか。高専ではまず大きな特徴として、5年間の在学期間があり、他の高校よりも2年間長く学生を続けることになります。その分、他の高校よりも高度な専門知識を学ぶことができ、みなさんがしっかりとした目標とやる気をもてば、きっと将来の夢が実現できると思います。赤点は60点と高めですが、興味を持って授業に取り組み、分からないことがあれば友人や先生に聞く。そうやって、みんなで協力すれば60点のハードルは徐々に低くなっていくでしょう。

 もちろん勉強だけでなく、高専では部活や同好会も盛んに行われていて、授業で疲れきった頭を、体を動かしてリフレッシュすることができます。

 他にもたくさんの行事があるので、日々価値のある高専生活を皆で送っていきましょう。

情報公開責任者: 教務主事