キャンパスライフ

先輩からのメッセージ

機械工学科 平成29年度入学 岩佐 塔哉 君

岩佐 塔哉 君

 こんにちは、僕は機械工学科の岩佐塔哉です。

皆さんは都城高専についてどのようなイメージをお持ちですか?都城高専は、専門的な知識を1年生から習い、それを職業につなげる一般の高校と少し違った学校です。これだけ言うと勉強ばかりしているというイメージになってしまいますが、実際は学生としての必要最低限の校則のもと、部活や趣味などにも一生懸命打ち込むことができます。そうはいっても勉強をおろそかにすることはできません。一般高校とは違い、テストの赤点が60点と高く、年間成績で60点以上取れていなければその科目の単位を取ることができません。普段から復習などしていれば、テストでもしっかり点は取れると思います。高専で大切なことは目標を明確にしっかり持つことだと僕は思います。学校行事や部活動にも積極的に参加して高専生活を楽しみましょう。

機械工学科 平成26年度入学 天神 士優 君

天神 士優 君

 こんにちは,機械工学科の天神です。

 入学する前に自分が高専に対して持っていたイメージは,自由であるということでした。宿題などが少なく,自分の時間が多く持てると思っていましたが,実際は少し違っていました。高専では中学校までとは異なり専門科目が多く,勉強のレベルが高いです。そのため,個人差はありますが,課題以外でも授業で分からなかったところを自分で復習したり,次の授業の予習をしたりといったことがある程度必要になってきます。自分の時間が多く持てるというのは間違いではありませんが,その時間をどう活用していくかが重要です。

 ただそこさえしっかり管理できれば自由な時間も多いうえイベントなどもたくさんあるので,楽しく学校生活を送れると思います。

 勉強と遊びとのバランスを考えて,充実した高専生活を送りましょう。

電気情報工学科 平成29年度入学 片山 北翔 君

片山 北翔 君

 こんにちは。電気情報工学科の片山北翔です。

 中学生の皆さん、高専って一般教科以外に専門教科もある上に、赤点が60点だから大変なんじゃないかと思っていませんか?確かに僕たちの学科も1年から電気の専門教科を学習したり、中学校よりも難しくなった定期テストで赤点を取らないように毎回苦労したりしています。ですが、どちらも日々の授業や復習をしっかりしていれば大丈夫です。また、この学校は県立高校などに比べとても自由度が高いので長期休暇を利用して自分のやりたいことが集中してできます。

 部活動や同好会も充実していて先輩方との交流もとても楽しいです。

 卒業するまでの5年という期間は長いようですぐに終わってしまいます。クラスメートと一緒に楽しく実りのある高専生活を一緒に送りましょう。

電気情報工学科 平成26年度入学 公文 麻人 君

公文 麻人 君

 こんにちは、僕は電気情報工学科の公文麻人です。

 中学生の皆さんは高専に対して赤点が60点でテストが難しいというイメージを持っていると思います。しかし、しっかりと授業を聴いて計画的にテスト勉強をすれば60点は簡単に取れます。入学してからもしっかり頑張るという気持ちをもって受験すると良いと思います。

 次に僕が思う高専の魅力を紹介したいと思います。その魅力とは大学で習うような専門知識を研究者である先生方から学ぶことができることです。僕自身、専門の勉強をしていて難しいと感じることもありましたが、わからない部分を先生に質問するとじっくり教えてもらうことができたので、理解することができました。

ぜひ皆さんも高専に進学して、自分の興味のある分野の勉強を頑張ってみて下さい。

物質工学科 平成29年度入学 堂園 明日香 さん

堂園 明日香 さん

こんにちは、物質工学科の堂園明日香です。

みなさんは物質工学科と聞いてなにを思い浮かべるでしょうか。今考えると、中学校時代の自分に同じ質問を投げかけてもぼんやりとしたイメージだけで、上手く言葉にしにくいと思います。物質工学科の特徴は、1年生から基礎的な化学に関する知識を身につけていくだけではなく、実験を行って考察や結果を自分でレポートにまとめることで力がついていく学科です。はじめは難しいと思った専門科目も、先生方に丁寧に教えてもらったり、クラスの仲間と教えあったりして理解を深めることができます。

 都城高専ではテストの赤点が「60点」と高いですが、毎日計画性をもって勉強することが大切です。もしわからないところがあってもたくさんの先輩方に教わることができます。

 また、部活や同好会は他の高校にはないものがたくさんあります。自分に合った部活動や同好会に所属することで、高専での生活をより充実させることができるでしょう。学校行事では幅広い年齢の先輩方と関わる機会があり、とても楽しいです。

みなさんも都城高専で実りある学校生活を送りませんか。

物質工学科 平成26年度入学 後藤 光貴 君

後藤 光貴 君

 私が都城高専物質工学科を受験しようと思った理由は、理科が好きというだけでした。入学当初や低学年次は自分の将来像などはおぼろ気で、中学時代には将来のことなど何も考えていませんでした。しかし、日々化学の講義、レポートに勤しむ中で自分の好きな分野が「有機化学」なのだと徐々に分かってきました。現在では、配属された有機化学の研究室で「光エネルギーを用いた有機合成設計」に関する研究を行っており、それを生かした研究職に就きたいと考えています。そのように高専で出会った興味が自らの専門となり、具体的な将来像に繋がっています。

 私が有機化学に精力的に打ち込めた理由は、高専という特殊な環境に身を置いていたからだと思っています。物質工学科は高校1年生と同学年から化学という専門が設けられています。自分の専門をその年齢から限定することは時期尚早と思う方もいるかもしれません。しかし、化学といっても分野は多岐にわたり、むしろ選択肢は豊富といえます。しかも、様々な化学分野の博士号取得者が教員として教鞭を執るため、身に付く知識は専門性、実用性が高いです。早くから専門科目の講義を受けることができ、大学生よりも早く有機化学について楽しく学ぶことができています。

 各学科の専門について興味がある方は都城高専で究める青春、いかがでしょうか。

建築学科 平成29年度入学 勝田 悠日 さん

勝田 悠日 さん

 こんにちは、2年建築学科の勝田悠日です。都城高専は夢や目標に向けて努力する人にとって魅力的な学校です。なぜなら、1年生の時から専門分野を学ぶことができるからです。

"え?!1年生から専門分野を学ぶのって難しそう!!"そう思う方もいるかもしれません。

でも大丈夫です。都城高専では、多種多様な専門分野に特化した先生方が楽しく、分かりやすい授業を行ってくださいます。都城高専の魅力はこれだけではありません。学校行事は毎年大盛り上がりです。私は中学生の時、パンフレットに載っていた、楽しそうな文化祭の写真を見て、その一員になりたい!と思って都城高専に入学しました。どの行事も学生が中心となって作り上げます。また、都城高専は個性をお互いに重んじる学校です。私はこの2年間で、自分を理解し、刺激し合える仲間と出会い、毎日の学校生活が本当に楽しいです。

専門知識を勉強して、進路実現を目指しながら、なおかつ、青春を思いっきり楽しみたいなら、ぜひ、この都城高専で!

建築学科 平成26年度入学 冨永 羽嘉 君

冨永 羽嘉 君

 こんにちは、5年建築学科の冨永羽嘉です。都城高専は、夢と希望に満ち溢れています。年々資源が枯渇してきている日本では、生き残るために技術を身に付けねばなりません。そんな危機的状況の中、我々はどう生きるか、来年専攻科へ入学する私はこのことを常に念頭に置いています。

 都城高専は創造性豊かな実践的技術者の育成を教育理念に掲げています。本校に在籍する学生は皆将来の夢を実現させるために、自ら考えそして動き日々の高専生活をいきいきと過ごしています。みなさんもぜひ夢を掲げ供に日本の未来を支える礎となりましょう!みなさんの入学を心よりお待ちしております。

※在学年は平成30年度当時

情報公開責任者: 教務主事