機械加工に関連した授業の科目を担当しています。
傾斜機能材料の製造と特性評価に関する研究を行っています。

 

 

研究者総覧基礎データ

 

氏名 山中 昇 (Noboru Yamanaka)
職名 教授 博士(工学)
専門分野 機械加工学,塑性加工学,材料強度学
担当教科 本科:機械工作法,工作実習,機械工学概論,基礎実験,工学実験,卒業研究
専攻科:変形加工学
研究テーマ 1. アルミニウム基金属間化合物傾斜機能材料の製造、特性評価
2. 傾斜機能材料の塑性加工解析
3. 平面仕上げ装置開発
4. 歯車搬送ロボットの開発
5. 3DMWで作製したはりの曲げ共振法による弾性係数測定
6. 有限要素法による構造材料の変形解析
主な設備 1. 旋盤、切削動力計
2. 曲げ共振法による弾性係数自動測定装置(自製)
3. 圧延機(自製)
4. 有限要素解析装置
5. 表面粗さ計
6. 光学顕微鏡
7. 80ton×50ton複動油圧プレス(機械工場)
校務分担 4M担任,実習教育担当,認証評価対応委員,機械学会担当者
クラブ顧問 バレーボール部,茶道同好会
連絡先 TEL: 0986-47-1180
FAX: 0986-47-1184
yamanakaemail.png