一般科目

一般科目は全学科共通の人文科学・自然科学の教育を行います。また、1、2年生の学級担任を担当します。

一般科目概要

 一般科目は、全学生が共通に学ぶもので、総時間数の半分弱を占めています。人間として、また社会人として必要な知識・教養を身につけることと、機械・電気・物質・建築の各学科に共通な学問の基礎を養うことを目的とするものです。そのため、高校と大学の間にあるような授業内容の重複を避け、専門科目との関連も考慮して、5年間を通じて効果的な編成を工夫しています。低学年では、数学・英語・国語をはじめ高校に相当した科目が置かれており、2・3学年では外国人講師による英会話の授業もあります。高学年では、法学・哲学・ドイツ語など大学の教養課程と同等の内容を学ぶようになっています。さらに1学年から3学年までは、毎週特別活動の時間を設けて、豊かな人間性と社会性の充実をめざしています。
  専攻科では、基礎工学および専門工学を学ぶのに必要な基礎能力の充実に向けて、数学・物理・情報処理関連の科目が開講され、また、国際社会に貢献できる高度な社会性の育成に向けて、英語をはじめ人文・社会科学系の諸科目が開講されています。