藤森 崇夫

nophoto.gif

物質工学科 准教授

藤森 崇夫

FUJIMORI Takao

専門分野:分析化学、計算化学

学生主事補

研究課題 (1)ポリオールを固定化したホウ素吸着材の開発
(2) 銅‐アンミン錯体とポリオールの錯形成に関する研究
(3) 赤外分光法を用いたゴム再生化におけるゴム分子構造変化と物性に関する研究
最終卒業学校 2005年(平成17年)3月 九州大学理学部化学科卒業
2007年(平成19年)3月 九州大学大学院理学府凝縮系科学専攻修士課程修了
2010年(平成22年)3月 九州大学大学院理学府凝縮系科学専攻博士後期課程修了
学位 2010年(平成22年)3月 博士(理学) 九州大学
学位論文 Fundamental study on functional materials for water treatments by kinetics/thermodynamics and molecular orbital calculations
(速度論/熱力学と分子軌道計算を用いた水処理のための機能性材料に関する基礎研究)
所属学会・協会 日本化学会 日本分析化学会
主要前歴 2009年(平成21年)4月 平成21年度日本学術振興会特別研究員(DC2)
2010年(平成22年)4月 平成21年度日本学術振興会特別研究員(PD)
2011年(平成23年)4月 都城工業高等専門学校 物質工学科 助教
主要著書・論文等 1. T. Fujimori, H. Akimoto, Y. Tsuji, K. Takehara, K. Yoshimura,“Electrochemical Determination of Boric Acid using the Boric Acid-Tiron Complexation System”.Electroanalysis, 22, 1337-1343 (2010).

2. T. Fujimori, K. Kurisaki, T. Okobira, K. Uezu, K. Yoshimura,“Kinetics and molecular orbital calculations of desulfonation of strong acid cation-exchange resin”,Polym. Degrad. Stab., 96, 1516-1521 (2011).

3. K. Yoshimura, Y. Miyazaki, S. Matsuoka, K. Takehara, T. Fujimori,“Complexation of boric acid with polyhydroxy compounds and its relevance to practical aspects”,Handbook of Inorganic Chemistry Research, Nova Science, New York, 173-209 (2010) .
2.7 Computational methodを担当
受賞状況 2006年(平成18年)8月 九州分析化学奨励賞 受賞(イオン液体中での溶媒イオンの異性化と金属イオン配位)
社会的活動実績  
情報公開責任者:物質工学科長