永野 茂憲

nophoto.gif

機械工学科 教授

永野 茂憲

NAGANO Takanori

専門分野:材料学、材料強度学、塑性加工学

キャリア支援室副室長/機械工学科4年担任

研究課題 (1)高強度鋼の時効組織と疲労特性
(2)材料の機械的性質とX線的研究
(3)機械的性質に及ぼすショットピーニング処理効果
最終卒業学校 1993年(平成5年)3月 豊橋技術科学大学大学院 生産システム工学研究科修了
2003年(平成15年)3月 鹿児島大学大学院 工学研究科 博士後期課程 物質生産工学専攻修了
学位 2003年(平成15年)3月 鹿児島大学 博士(工学)
学位論文 Fatigue Strength and Fracture Mechanism of Maraging Steel
所属学会・協会 日本機械学会・日本材料学会・日本工学教育協会
主要前歴 1993年4月 旭化成工業(株)
1994年4月 都城工業高等専門学校 機械工学科 助手
2003年4月 都城工業高等専門学校 機械工学科 助教授
2007年4月 都城工業高等専門学校 機械工学科 准教授
主要著書・論文等 ○2011年5月 永野茂憲、森山三千彦、皮籠石紀雄、小林祐次(共著)
「Effect of Reverted Austenite and Hardness on Fatigue Properties of Shot Peened Maraging Steel in Long Life Region」
Interenational Conference on Computational & Experimental Engineering and Sciences、pp.1-8
○2007年12月 永野茂憲、皮籠石紀雄、森山三千彦、陳強、長嶋悦一(共著)
「硬さレベルを変えたマルエージング鋼の疲労強度に及ぼすショットピーニングの影響」材料、第56巻、第12号、pp. 1126-1132.
○2003年3月 永野茂憲、皮籠石紀雄、森山三千彦(共著)
「マルエージング鋼の疲労き裂の発生及び伝ぱに及ぼす逆変態オーステナイトの影響」
日本機械学会論文集(A)、第69巻、第678号、pp. 633-639.
受賞状況 ○1999年(平成11年)日本工学教育協会賞 日本工学教育協会
社会的活動実績 ○2010年(平成22年)教育委員会奨励賞 都城市教育委員
情報公開責任者:機械工学科長