山中 昇

機械工学科 教授

山中 昇

YAMANAKA Noboru

専門分野:機械加工学、塑性加工

機械工学科5年担任

研究課題

(1)傾斜機能材料の製造とその塑性加工法の開発
(2)新しい研削加工法に関する開発研究

最終卒業学校 1978年(昭和53年)3月 鹿児島大学 工学部 機械工学科
1981年(昭和56年)3月 鹿児島大学大学院 工学研究科 修士課程 機械工学専攻
学位 2000年(平成12年)3月 博士(工学) (鹿児島大学)
学位論文 遠心力法による傾斜機能材料の作製とその材料特性
所属学会・協会 日本機械学会・日本塑性加工学会・軽金属学会・日本工学教育協会・ASM
主要前歴 2000年(平成12年)4月 都城高専  機械工学科 教授
2013年(平成25年)4月 鹿児島高専 機械工学科 教授(教員人事交流)
主要著書・論文等

○2005年(平成17年) 堀井俊嗣、桐原聡秀、宮本欽生:インコネル合金の3次元自由造形とその機械的特性、傾斜機能材料論文集A編、63卷608号、pp815-820
○2010年(平成22年) 山中昇:温度傾斜押出し加工における傾斜機能モデル材料の組成傾斜変化、軽金属学会研究部会報告、52号、pp71-77

○2014年(平成26年) 山中昇:機械工学科工学実験の改善 -ワックスを用いた塑性加工実験の試行-、論文集「高専教育」、37号、pp249~254

受賞状況 ○1996年(平成8年) 優秀賞(第24回重症心身障害児(者)の療育に関する研究) 財団法人「読売光と愛の事業団」
社会的活動実績  
情報公開責任者:機械工学科長