山本 剛

nophoto.gif

建築学科 准教授

山本 剛

YAMAMOTO Takeshi

専門分野:建築構造

建築学科5年担任

研究課題 (1)木質構造の耐震性能に関する研究
(2)大規模噴火を想定した木造住宅の構造安全性に関する研究
(3)観光客を対象とした地震リスクコミュニケーションの研究
最終卒業学校 1991年(平成3年) 3月 九州大学工学部建築学科
1994年(平成6年) 3月 九州大学大学院工学研究科建築学専攻
学位 博士(工学) 大分大学
学位論文  木造住宅の屋根に降下する火山灰の堆積特性に関する研究
所属学会・協会 日本建築学会   日本災害情報学会
主要前歴 2003年(平成15年) 4月 都城高専建築学科講師
主要著書・論文等
〇2018年 Takeshi Yamamoto and Yu Ooka: Impact of Volcanic Ash on Seismic Performance of Timber-Framed Buildings, Seoul, Republic of Korea: World Conference on Timber Engineering (WCTE), 20-23 August, 2018 (Conference proceedings)
 
〇2016年 山本 剛, 木造住宅の屋根に堆積した火山灰の滑動に関する一考察,日本建築学会構造系論文集, pp.959~969, 2016
 
〇2014年 Yamamoto, T., Tanaka, K. and Inoue, M.: Seismic Assessment of Wooden Houses for Tephra Falls of Kirishima Mountain (Shinmoedake) in Southern Kyushu, Japan, Quebec City, Canada: World Conference on Timber Engineering (WCTE), 10-14 August, 2014 (Conference proceedings)
 
〇2012年 Yamamoto, T.: Determination of Social Impact of Earthquake Disaster by Reputation Analysis of Newspapers, Lisbon Portugal: 15TH World Conference on Earthquake Engineering (15WCEE), 24-28 September, 2012 (Conference proceedings)
受賞状況  
社会的活動実績  

 

 
情報公開責任者:建築学科長