加藤 巨邦

建築学科 教授

加藤 巨邦

KATO Hirokuni

専門分野:鋼構造、免震・制振構造

建築学科4年担任

研究課題

1)既存鉄骨造建物の耐震性能に関する研究

2)腐食部材の残存耐力・変形性能に関する研究

3)免震・制振部材の維持管理に関する研究

最終卒業学校

・20123月:広島大学大学院工学研究科社会環境システム専攻博士課程(博士後期課程)修了

・19863月:広島大学大学院工学研究科構造工学専攻修士課程(博士前期課程)修了

学位

博士(工学) <広島大学>

学位論文

長年月を経た既存鉄骨造建物の耐震性能に関する研究

所属学会・協会

(一社)日本建築学会、(一社)日本免震構造協会、(一社)日本鋼構造協会

主要前歴

19864月~19922月:住友建設()(現三井住友建設()建築部

19923月~20073月:新日本製鐵()(現新日鐵住金()建築事業部

20074月~20114月:(一財)日本建築総合試験所 建築確認評定部

主要著書・論文等

・腐食した鉄骨部材の残存耐力・塑性変形性能に関する研究:加藤巨邦,松尾彰,澤田樹一郎,高松隆夫,玉井宏章:20122月:日本建築学会技術報告集, 18巻,第38号,pp.203208

・改良型補強アンカーボルトの引張試験・せん断試験 -既存鉄骨露出柱脚アンカーボルトの塑性変形能力改善に関する研究 その2-:加藤巨邦,松尾彰,澤田樹一郎,藤村幸,高松隆夫,玉井宏章:20109月:日本建築学会構造系論文集,第75巻,第655号,pp.17091716

・鋼構造物における長寿命化・延命化技術の現状と課題,日本鋼構造協会,JSSCテクニカルレポートNo.88pp.- 9~Ⅰ- 29200911

受賞状況  
社会的活動実績

(一社)日本免震構造協会:普及委員会出版部会委員

情報公開責任者:建築学科長