吉井 千周

一般科目文科 准教授

吉井 千周 個人HP

YOSHII Senshu

専門分野:法社会学、社会運動論、知財教育

物質工学科1年担任

研究課題 (1)タイ山岳民族における法意識の変容
(2)工業系学校における法学教育法
(3)IT利用による過疎地/マイノリティ間の情報共有と社会変化
最終卒業学校 1998年(平成9年)3月 鹿児島大学法文学部法学科
1999年(平成11年)3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程
2005年(平成17年)3月 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程退学
2012年(平成24年)3月 鹿児島大学大学院人文社会科学研究科博士課程単位取得退学
学位 2013年(平成25年)3月 博士(学術) 鹿児島大学
学位論文 マイノリティの固有法とその社会の法化現象についての研究-モン族を事例として-
所属学会・協会 Law and Society Association, 日本法社会学会、アジア法学会、日本音楽学会、日本地方自治研究学会、法と教育学会
主要前歴

2001年(平成13年)8月 Chulalongkorn University, Social Research Institute 客員研究員
2005年(平成17年)4月 都城高専一般科目 講師
2013年(平成25年)4月 都城高専一般科目 准教授
2015年(平成27年)4月 Thai-Nichi Institute of  technology, Faculty of Information Technlogy  客員教授
2016年(平成28年)4月 Chiangmai Univesity, Regional Center for Social Science and Sustainable Development, Affiliated Researcher
2016年(平成28年)4月 Chiangmai Univesity, Center for Ethic Sutdies and Development, Affiliated Researcher

主要著書・論文等

2004年(平成16年)「変容する山地民の紛争処理―モン族の離婚紛争を事例として―」『アジア女性研究』第13号、76-83頁、アジア女性交流・研究フォーラム
2014年(平成24年)「リスクと向かい合うことから遠ざけられる人びと」東賢太郎・市野澤潤平・木村周平・飯田卓編『リスクの人類学』176-195頁、世界思想社
2016年(平成26年)「固有法の適応と変容:在米モンコミュニティの誘拐婚を事例として」『アジア法研究 2015』, Vol.9, No.1, pp. 1-18

受賞状況  

1995年(平成7年)5月 第13回昭和池田記念財団論文コンクール優秀賞
2012年(平成24年)4月 都城高等専門学校教員表彰教科教育部門最優秀教員
2014年(平成26年)2月 文部科学省科学技術・学術政策局長賞「発明に関する『発想法』の指導について」
2015年(平成27年)8月 平成26年度国立高等専門学校教員顕彰表彰優秀賞「学生支援活動・学校広報活動のリ・デザイン」

社会的活動実績

2007年5月~2008年2月 鹿児島大学法文学部客員研究員
2011年4月~2012年3月 国立民俗学博物館館外研究員
2012年1月~      「まなび長屋」メインスタッフ
2013年1月~      一般社団法人都城ミュージカルクラブ理事
2016年3月~      一般社団法人PLUCK理事

情報公開責任者:一般科目長