教育理念と教育目標

教育理念

「優れた人格を備え国際社会に貢献できる創造性豊かな実践的技術者の育成」

学習・教育目標とサブ目標

1. あらゆる可能性を追求できる豊かな創造性を有する技術者の育成

 1-1 社会の要求あるいは学問的関心に基づいたアイデアを検証することができ

    る基礎技術を身につけていること

 1-2 専門技術に関する創造的構想を具現化するための基礎技術を身につけてい

    ること

 1-3 社会の要求あるいは学問的関心に基づいた問題を自ら発見し、その問題を

    理論的に解決するための基礎知識および基礎技術を身につけていること

2. 科学と工学の知識を駆使して技術的問題を解決し、新規生産技術をデザイン

  きる優れた知性を有する技術者の育成 

 2-1 工学の専門科目の基礎となる数学、自然科学および情報科学の理論を理

    解し説明できること

 2-2 技術的諸問題を解決するための基礎工学の知識を理解し説明できること

 2-3 工学に関する問題点を理解し、適切に対処できること

 2-4 性能、安全性、環境への影響、経済性または審美性などを配慮できること

3. 世界の歴史・文化および倫理を常に考え国際社会に貢献できる高度な社会

    を有する技術者の育成

 3-1 日本の内外の歴史や文化に関するさまざまな事柄を認識できること

 3-2 社会のさまざまな価値観や規範を理解し、社会の構成員としての自覚を

    持っていること

 3-3 言語等の表現手段によって他者と意思などを疎通させる能力を持っている

    こと

4. 自然・社会環境に関連する諸問題に積極的・計画的に取り組み、継続して

 進する確かな実行力を有する技術者の育成

 4-1 科学技術が自然・社会環境に影響を及ぼす諸問題を理解できること

 4-2 関連する人々と協力して、自分の研究や実験課題に積極的・計画的に取

    り組むことができること

 4-3 健康・安全を保持する基礎能力を身につけ、自然・社会環境に関する諸問

    題に積極的に取り組むことができること

 

学科における人材の養成に関する目的その他教育上の目的

(都城工業高等専門学校学則第1条第2項の規定に基づく)

機械工学科の目的

  1. 機械工学の基礎知識、基礎技術を修得し、卒業研究や創造設計等の実践的科目を通して、設計から製作までの総合的な能力を身につけた技術者を養成する。
  2. コンピュータ支援による種々の工学的手法を駆使しかつ周囲とのコミュニケーションを図りながら技術的な課題や問題を解決できる、創造性豊かな技術者を養成する。

電気情報工学科の目的

  1. 主たる分野である電気、電子、制御、通信、情報の広範な基礎学力を身に付けた適応力のある実践的技術者を養成する。
  2. 広範な知識と豊かな人間性・社会性を持ち、複合分野で活躍できる学際的技術者を養成する。

物質工学科の目的

  1. 講義と実験を通して物質工学とそれに関係する理論を確実に理解すると共に応用力を持った技術者を養成する。
  2. 課題や現象に対する問題点を自ら見つけ、これらを解決できる自主性、創造性を持った技術者を養成する。
  3. 英語関係科目および卒業研究等での英語論文読解を通して国際化に対応した実践的化学英語力を持った技術者を養成する。

建築学科の目的

  1. 建築の企画、設計及び施工において責任能力を有し、環境への影響に配慮できる人材を養成する。
  2. 建築の伝統を発展的に継承し、建築分野における最新技術を応用できる人材を養成する。
情報公開責任者:教務主事