タイ王国においてGEMS2018(国際ワークショップ)を開催しました

平成30年8月28日(火)~8月29日(水)に、タイ・バンコクにおいて、4th of the International Workshop on Fundamental Research for Science and Technology –to Find Gemstones for Future- (4th GEMS 2018)が開催され、本校をはじめ、泰日工業大学、豊橋技術科学大学及び鹿児島高専から63名の学生・教職員が参加しました。
 このワークショップは、学生の研究成果発表を目的として、本校が学術連携に関するMOUを締結しているタイ王国の泰日工業大学工学部と共同で実施しているもので、今年で4回目を数えます。来年度以降も継続して実施する予定であり、海外の教育・文化・風土に触れることを通じて、本校学生の国際力の涵養を図ることとしています。

 ワークショップでは、本校を含む学生等が、英語で研究成果の口頭発表またはポスター発表を行いました。

 

【ワークショップの様子】

【参加学生の声】

今回、英語を使って自分の研究成果を異国の地で発表するといった貴重な経験ができました。
 現地の方々との交流もさることながら、日本とは違った文化を実際に感じることができ、海外への関心が高まる良い機会となりました。海外へ興味のある方は、ぜひGEMSに参加して下さい。

 180828gems_gakusei2.JPG

機械工学科 5年 渡邊慎也さん

この夏休みにタイ・バンコクで開かれたGEMS2018で卒業研究の一部を発表しました。何度か海外渡航の経験はありましたが、人前で研究内容を発表する機会は初めてでした。タイの学生や先生の質問内容は理解できても、スムーズに自分の考えを返せないもどかしさを感じながら時間内に終えることができました。研究内容もさることながら、とっさの時の英語での対応を考えさせられる良き経験となりました。

 180828gems_gakusei1.JPG

電気情報工学科5年 末満堅人さん

 

なお、本ワークショップに参加した学生に対し、都城工業高等専門学校ゆめ基金から、経費の一部を助成しています。

情報公開責任者:校長