深山書評

この「深山書評」は、学生のみなさんが図書館に足を運ぶ機会を増やして、より多くの本に触れてほしいという図書委員の強い思いから発案され、企画したものです。「深山書評」の内容は、みなさんがブックレビューを書き、他の学生にお勧めの本を紹介するというものです。本を読み、レビューを書くことを通して、学生のみなさんがつながり、輪が生まれ、みなさんが本に触れる機会が増えるといいと考えています。