後援会について

 都城高専には、中学、高校と違いPTAが無い為、PTAに代わるものとして後援会があります。
 後援会の目的は、「本校の教育事業を援助し、協力すると共に、会員相互の親睦を図る事を目的とする」と会則に定められています。学校における学生達の活動に対する援助と、会員である保護者同士の親睦を図るという2つの目的を持って活動しています。
 後援会の会員は、学生の保護者になります。
 組織は、宮崎県内に7支部、鹿児島県に3支部があり、それぞれに理事・代議員が役員として選出されています。本部は、会長1名、副会長4名、会計監査監事2名、顧問2名、事務職員1名で構成されています。毎年4月に第1回理事会・代議員会、6月に第2回理事会を開催しています。
 後援会費は、入会金10,000円・年会費25,000円で、補助は多岐にわたり、学生の為に幅広く支援しています。「後援会会計概要」「補助一覧」を見ていただきますと、納入された後援会費は「後援会一般会計」にて受け入れ、その後用途別に6つの会計に振分け、それぞれ独立した形で補助を行っています。学生のために有効な補助となるように、毎年事業の見直しを重ねています。
【教育への助成】
・新入生研修補助費    1年生参加経費補助
・表彰副賞補助費     学業成績優秀賞,課外活動優秀賞,皆勤賞,精勤賞他
・学内の各種研修費    4年生学内研修,研究発表優秀賞,特別活動,
             バイク点検,バイク実技指導     
・適性検査受験補助費   4年生受験料全額補助
・TOEIC受験補助      年会費補助,4年生・3年生受験料全額補助
・研究発表等補助費    専攻科性学会発表旅費補助
・ティーチングアシスタント補助     専攻科生の実験等への授業補助に対する手当,
             高学年生による低学年生への学習支援手当
【学生厚生補導への助成】
    ・入学写真助成金     入学写真贈呈
    ・チャレンジ支援事業   国家資格受験料の半額補助,外部講師補講の補助
    ・キャリア支援教育事業  面接を主体にしたマナー講習会等補助
    ・インフルエンザ予防接種補助 申請により1.000円補助
【課外活動への助成】
    ・地区大会・高校総体・鹿児島高専との親善試合・プログラミングコンテスト・デザインコンペティション等
     (新人大会へは補助していません)
     交通費:自己負担額を超える部分を補助
      交通費自己負担額:航空機・船舶一律1人5,000円、JR・高速バス1日につき1人1,000円
               貸切バス 乗車した学生全員1日につき1人1,000円
     宿泊費:5,000円自己負担で超過分は5,000円を限度に補助
    ・全国大会
     交通費:全額補助
     宿泊費:5,000円自己負担で超過分は5,000円を限度に補助
    ・大会分担金補助
    ・クラブ登録料補助  団体登録料補助(個人登録料は自己負担)
【寄附金】
    ・学生引率等の教員旅費
【記念行事基金】
    ・記念行事の為の積立金
【アルバム作成助成基金】
    ・卒業アルバム助成
 
 もう一つの目的である会員相互の親睦は、支部総会等を支部単独または合同で開催しており、高専祭文化祭の時に、後援会の保護者でカレーうどんを作り、高専生・来場者に1000食を無料配布しています。毎年多くの保護者の方に参加していただき、会員相互の親睦を深めながら、高専祭を盛り上げていきたいと思っています。
 学生たちの種々の積極的な活動には、後援会の支援は欠かせないものとなっています。学校側と保護者が一体となって学生を支援し、学生の学校生活が充実し、目標を達成できるよう見守っていきたいと思います。