専攻科のメリット

専門性の高い授業を受けられる 

専攻科では、高専での授業を発展させた、より高度な授業が開設されます。 専攻科を修了するためには、62単位修得しなければなりませんが、その内、必修科目は24単位だけです。しか も、それには「専攻科特別研究(14単位)」「専攻科特論(2~4単位)」が含まれます。これらの科目は、単位修得は必修ですが、研究内容は自分で選べる 科目です。従って、自分で選択できない科目は、実質的には8~10単位(4科目)だけです。残りは、自分の関心ある(自分の専門性をより高める)科目を選択することができます。

じっくり「研究」する時間がある

高専5年生と、専攻科での2年間、十分に研究に取り組む時間があります。

少人数での授業

専攻科では、少人数できめの細かな授業が受けられます。

授業料・入学金が大学編入に比べて安い

授業料  専攻科は、国立大学のほぼ 1/2の授業料です。
入学金  専攻科は、国立大学のほぼ 1/3の入学金です。

専攻科卒業後の進路

大学院への進学  

専攻科卒業後は、直接、大学院に進学することができます。

就職先の拡大

大学の学部卒しか採用しない企業への就職の道が開けます。

 

情報公開責任者:専攻科長