(2018.1.12) 第2回RESASアプリコンテストの一次審査を通過

この度、本学科学生3名が参加して応募しておりました「第2回RESASアプリコンテスト」(実施主体:内閣府地方創生推進室)において、同コンテストの最終審査会進出者に選ばれました。同コンテストには全国から319組の応募があり、その中で最終審査の10組に残ったことは大変素晴らしいことです。なお、コンテストの応募にあたっては、宮崎県情報政策課と県内IT企業2社(株式会社デンサン様・スパークジャパン株式会社様)の方々に多大なるご協力を頂きました。実際に来校しての指導やSlackによる支援、Skypeを使ったテレビ会議などのご協力を頂き、11月1日に本校で開催したキックオフミーティングから12月20日の応募〆切まで、期間がかなりタイトだったにも関わらず無事アプリを作り上げることができました。この場をお借りして感謝申し上げます。

最終審査会は1月27日に東京のベルサール六本木グランドコンファレンスセンターで開催され、学生3名と本学科の丸田助教・臼井准教授が参加いたします。当日の様子は第2回RESASアプリコンテストサイト上でライブ中継されるとのことですので、ぜひご覧いただき応援いただけると幸いです。詳細は下記の第2回RESASアプリコンテストサイトをご覧ください。

https://opendata.resas-portal.go.jp/contest2nd/index.html

株式会社デンサン様による直接指導の様子

IMG_3006.jpg
IMG_3010.jpg IMG_3011.jpg

Skypeによるテレビ会議の様子

IMG_3218.jpg IMG_3219.jpg
IMG_3220.jpg IMG_3221.jpg

一次審査応募動画