モンゴル・リエゾンオフィス開所式及びレセプションに参加しました

モンゴル・ウランバートル市のナショナルインフォメーションテクノロジーパーク内に設置された「高専機構モンゴル・リエゾンオフィス」の開所式が、平成28年11月2日(水)に開催され、本校から、桑原裕史校長他5名の教職員と2名の学生が出席しました。
 また、その後に開催されたレセプションでは、集まったモンゴル及び日本の行政・教育・産業の関係者ら約120名の前で、本校学生がロボットのデモンストレーションを披露し、会場を沸かせました。翌日には、モンゴル高専教員と日本の高専教員とのワークショップが開催され、モンゴル高専の現状と今後の展開について熱心に議論しました。また、モンゴルの学生と本校の学生のロボットを通した学生交流を行いました。

モンゴルでは、既に日本の高専をモデルとしたモンゴル高専3校(新モンゴル高専、IET、モンゴル科技大高専)が開学しています。本リエゾンオフィスを拠点とし、モンゴルと本校との学術交流・学生交流をより一層推進させる予定です。

モンゴル国営TV取材

教員ワークショップ

リエゾンオフィス開所式

学生交流

情報公開責任者:広報委員長