都城高専平成26年度評議員会を開催しました

 2月24日(火)、都城高専において、平成26年度評議員会を開催しました。
 同会議は、本校の教育研究活動、地域貢献活動等運営に関する重要事項について審議し、校長に対し助言を行うことを目的として設置されており、宮崎大学をはじめ、地元自治体、地域の中学校長会、地元企業、同窓会といった各方面の外部有識者9名で組織されています。
 当日は、議長である今井宮崎大学工学教育研究部長の進行により、桑原校長から、本校の最近の動向及び昨年度の評議員会で寄せられた提言等への対応について説明を行いました。また、森茂副校長(教務主事)から平成26年度年度計画の進捗状況について説明を行いました。
 会議では、教育、研究、社会連携、国際交流及び管理運営に関する事項等について意見交換がなされ、評議員から、教育プログラムや学生への就職支援等について意見や要望をいただきました。
 本校では、評議員からの意見等を踏まえ、今後の教育研究や学校運営等に活かすこととしています。

DSCN4012.JPG

説明を行う桑原校長(左から3人目)

 

DSCN4013.JPG

評議員会の様子

情報公開責任者:広報委員長