都城市中心市街地の立体模型を都城市に寄贈しました

建築学科・杉本弘文講師及び学生が都城市中心市街地の立体模型を都城市に寄贈しました。

10月21日(火)に都城市役所で開かれた贈呈式には、杉本講師と学生6名(専攻科2年・山本大起、佐々木萌、専攻科1年・浦牛原順平、田中謙介、本科5年・赤﨑正奈、上野新矢)が出席しました。

模型は今後一般公開されるほか、旧大丸跡地に整備される中核施設の在り方を検討する市民ワークショップなどに活用されます。

贈呈式では、新聞4社(宮崎日日新聞、朝日新聞、西日本新聞、毎日新聞)のほか、BTVケーブルテレビ、シティFMの2社の取材を受けました。

都城市中心市街地の立体模型

    都城市中心市街地の立体模型

情報公開責任者:広報委員長