専攻科とは?

都城高専専攻科について

maingate.jpg

平成14年4月、本校に専攻科が設置されました。その目的は、関連領域の知識や技術を有機的に結合できる研究開発型の実践技術者を育成すること、及び良識ある技術者としての優れた人格と豊かな国際性を育成することです。
 在学期間は2年間で、本校5年間の教育課程の上に、より高度な専門知識と技術を教授します。
所定の単位を修得し、大学評価・学位授与機構の審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた学生には、学士(工学)の学位が授与され、大学院への進学が可能となります。
 本校の専攻科には、「機械電気工学専攻」、「物質工学専攻」及び「建築学専攻」の3専攻があります。

*専攻科のページは、こちらから。

機械電気工学専攻

学科で学んだ専門的知識をより深めるため機械工学系と電気工学系に対応した選択科目を開設し、さらに、機械と電気の連携技術に対応できるようにメカトロニクス、パワーエレクトロニクス及び半導体等の新素材を含む先端技術に広く深くかかわる教育を行い、高度に情報化された機械工学と電気工学を統合した設備の設計や開発技術全体を掌握できる能力を持った研究開発型技術者の育成を目指しています。

物質工学専攻

より高度な有機、無機の新素材の製造技術、バイオテクノロジーによる物質生産技術、地球環境の保全のための環境技術などにかかる科目を配置し、化学工業界の要望に応え得る幅広い視野をもったより創造的な技術者の育成を目指しています。

建築学専攻

建築計画及び建築構造に関する高度な解析技術、建築分野でのコンピュータ応用技術、より実践的な建築設計技術にかかる科目を配置し、新しい建築課題や技術革新に対応できる技術者の育成を目指しています。さらに、建築の各分野における諸問題を自ら発見し、解決できる能力を育成します。

情報公開責任者:専攻科長