学科紹介

機械工学科

機械工学は、自動車・航空機から福祉・医療機器まで、全てのものづくりの基盤となる学問です。機械工学科では、多種多様な機械の設計・製作に必要な基礎から応用までの幅広い専門知識を、一人一人の感性を大切にしながら実践的に学ぶことができます。さらに、今後ますます重要になってくるコンピュータを活用したものづくり教育にも積極的に取り組み、これからの時代を担う創造性あふれる技術者を育成します。

*機械工学科のページはこちらから。

電気情報工学科

電気情報工学科では、発・送電などのエネルギー技術、「産業の米」であるエレクトロニクス技術、いわゆるITあるいはICTと呼ばれる技術、ロボットを扱う技術などを、教室での座学と実験を並行して学びます。電力、電子、材料、情報・通信、制御という広範な基礎学力を身に付けた適応力ある実践的技術者を養成するとともに、広範な知識と豊かな人間性・社会性を持ち、複合分野で活躍できる学際的技術者を養成します。

*電気情報工学科のページはこちらから。

物質工学科

物質工学科では、物質の性質を原子や分子のレベルで調べ、環境に配慮しながら、原子や分子を組み合わせて人類に役立つものをつくります。将来、卒業生は、医薬品、半導体、セラミック、センサ、繊維、食品、石油など様々な化学産業に関わるエンジニアとして活躍することとなります。物質工学科では、専門科目をさらに深く勉強するため、4年生から物質工学コースと生物工学コースを選択できるようになっています。

*物質工学科のページはこちらから。

建築学科

私たちの生活環境を豊かに創造するのが「建築」の役割です。住宅や学校などをデザインし、建てることも建築ですし、街や都市を形作るのも建築です。建築の原点は「人間の生活」です。建築学科では、豊かな生活を実現するために、よりよい「住まい」や「環境」を追求します。そのための技術や理論、実践方法を獲得するには、工学だけでなく、社会科学、人文科学、芸術の分野に及ぶまで、幅広い学習が必要となります。

*建築学科のページはこちらから。

一般科目

一般科目は、全学生が共通に学ぶもので、総時間数の半分弱を占めています。人間として、また社会人として必要な知識・教養を身につけることと、機械工学・電気情報工学・物質工学・建築学の各学科に共通な学問の基礎を養うことを目的とするものです。そのため、高校と大学の間にあるような授業内容の重複を避け、専門科目との関連も考慮して、5年間を通じて効果的な編成を工夫しています。低学年では、数学・英語・国語をはじめ高校に相当した科目が置かれており、2・3年では外国人講師による英会話の授業もあります。高学年では、法学・哲学・ドイツ語など大学の教養課程と同等の内容を学ぶようになっています。さらに1年から3年までは、毎週特別活動の時間を設けて、豊かな人間性と社会性の充実を目指しています。

*一般科目のページはこちらから。

情報公開責任者:教務主事