茶道同好会

活動紹介

1.茶道同好会とは
 茶道同好会は、お茶を通して、ひたすら楽しくお持てなしをする・・ということを目指した活動を行っています。茶会にお出で頂いた時だけでなく、茶会に伺ったときも、常にお持てなしする心でお茶と人に向かいます。それが実行できるよう、日々の練習を励んでいます。
 茶道は、裏千家茶道(抹茶)と、紫竹庵流煎茶道(煎茶)です。同好会メンバーは、どちらかを選び、主に練習していますが、卒業する頃は、どちらの茶道も身についていることができます。
 また、茶道を通して、日本文化を見直すことが出来ます。焼物、軸、花、布地、和菓子、季節・・・・等々。茶会を企画するときは、アイデアの出しまくりです。兎に角楽しい茶会にするために!まさに「創造性豊かな」高専らしい同好会です。

2.活動状況
 毎週土曜日・午前9時より、楽信館2階の和室にて、抹茶、煎茶のお点前の練習を行います。毎回、美味しいお菓子と、美味しいお茶が頂けます。皆でワイワイ言いながら、楽しく練習しています。気が向いたら、楽信館に遊びに来てください!または、身近な茶道同好会員や、茶道同好会顧問に、声を掛けてみてください!

3.年間の行事
(1) 新入生歓迎茶会:4月か5月、新入生の入学を祝して、小さな茶会を開いています。
(2) 高専際(文化祭)時の「学園茶会」:11月の高専際(文化祭)の時、学園茶会を開催しています。毎年、大変盛況で、皆さんに楽しんでもらっています。
(3) 学校茶道:夏、宮崎の学校(小・中・高校や大学)の茶道部や茶道同好会が一堂に会し、茶会を開催しています。
(4) さよなら茶会:3月、その年に卒業する茶道同好会員、退職される先生方、お世話になった方々を招いて、「さよなら茶会」を行っています。
(5) その他の茶会:裏千家や紫竹庵の茶会をお手伝いすることがあります。様々な茶会を経験します。



顧問

林田 義伸  山中 昇

ホームページ

*茶道同好会ホームページはこちらから

情報公開責任者:学生主事