平成29年度都城高専教員研修会を開催しました

都城高専は9月29日(金)に、教員を対象にした平成29年度都城高専教員研修会を 開催しました。

第1部では外部講師2名及び学内講師1名による講演が行われました。
まず、長岡技術科学大学技学研究院の市坪誠教授から、「アクティブ・ラーニング型授業の ポイント解説」と題して講演が、続いて、北九州高専生産デザイン工学科の油谷英明教授及び 都城高専物質工学科の黒田恭平助教から、「アクティブ・ラーニング型授業の実践報告」と題して 講演が行われました。

第2部では、「アクティブ・ラーニング型模擬授業」及び「アクティブ・ラーニング型授業の 設計」の2つのテーマについて、5グループに分かれてワークショップを行い、 ファシリテーターの市坪教授、油谷教授、黒田助教からそれぞれアドバイスがありました。

参加者からは、「アクティブ・ラーニングについて新たに認識をでき、大変有益であった。」 「研修を受け、自分のこれからの授業計画に役立てたい。」といった感想が寄せられるなど、 大変有意義な研修会となりました。
 
情報公開責任者:広報委員長