11th ISEM ’16にて、小園竜太郎さん(機械電気工学専攻)がISEM Outstanding Poster Awardを受賞!また、ICSTE2016にて高橋明宏教員(機械工学科)がOutstanding Participationを受賞!

9月3日、近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)にて行われたThe 11th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics(第11回実験力学の先端科学技術における関する国際シンポジウム)のSpecial Poster Session by Students of High School, College of Technology(高校生・高専生・専門学校生ポスター展示発表の部)にて、小園竜太郎さん(機械電気工学専攻2年)がISEM Outstanding Poster Award(優秀賞)を受賞しました。

本ポスター発表会では、英語ポスターの展示ならびに英語による5分間のShort Presentationと質疑応答が行われ、これら一連の審査で上位3件が上記表彰を受けました。小園さんは、これまでの研究成果はもちろんのこと、それらをわかりやすく英語ポスターにまとめ、短時間の中でも明瞭な英語で発表・質疑応答できたことで、本賞を受賞するに至りました。

 さらに9月1日~2日にタイ王国で行われたInternational Conference on Science, Technology & Education 2016 (ICSTE2016)にて、高橋明宏教員がOutstanding Participation(優秀奨励賞)を受賞しました。本国際会議のCo-Chairとしての貢献とMg合金の極低温下での破壊挙動に関する学術講演に関して評価されました。

今回の受賞について9月9日に桑原校長に報告し、激励を受けました。

 

 【小園竜太郎さん(機械電気工学専攻2年)】
演題:Research on a Stair-Climbing Mechanism for Omnidirectional Robot
  (全方位移動ロボット用段差乗り越え機構の研究)
指導:髙木夏樹教員(機械工学科)

 

【高橋明宏教員(機械工学科)】
演題:Cryogenic Toughness on Wrought AZ31 Magnesium Alloy
    (展伸用AZ31マグネシウム合金の低温靱性)
  
jusho.JPG
情報公開責任者:広報委員長