外山竜朗君がヤングロボットセッション優秀講演特別賞を受賞!

9月6日(土)に福岡県の九州産業大学にて開催された第32回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2014)のヤングロボットセッションにおいて、専攻科生の外山竜朗君(機械電気工学専攻2年、綾中出身)が“ヤングロボットセッション優秀講演特別賞”を受賞しました。このセッションは、ロボット競技会等の活動で製作されたロボットの機構や制御、システム等に関する学生向けの学術発表の機会として設けられたものです。外山君は、本校ロボット製作局において高専ロボコンに本科1年生のころから関わり、歩行ロボットの製作に挑戦してきました。この成果として、本校ロボット製作局での歩行ロボット開発について20分間ほどの口頭発表を行い、その取り組みと発表内容が高く評価され、本賞を受賞しました。

 

[外山竜朗君(機械電気工学専攻)]

演題:都城高専ロボット製作局における歩行ロボットの変遷

指導:髙木夏樹講師(機械工学科)、津浦洋一技術専門職員(技術支援センター)

.JPG

情報公開責任者:学生主事